全世界5億人を保護するBitDefenderエンジン搭載
ふるまい検出、AI解析を活かしたマシンラーニングなど
数々の特許取得済の最先端の技術を搭載し、
世界を襲ってきたZERO-DAY脅威をブロックし続ける確かな実績と信頼の次世代マルウェア対策

長年にわたりトップ成績を継続している多重層防御のセキュリティエンジン

 各パソコン、サーバにに配布されるクライアントは、 BitDefenderが誇る強力アンチマルウェアエンジンを搭載しています。 国内で有名な製品がインストールされていたパソコンで、次々に潜んでいたマルウェアを発見しています。

 また部門や業務毎の設定、ポリシーは管理コンソールで複数作成、適用できるので、 各パソコンの使用者が独自に設定をする必要はありません。

 世界最大規模のR&D体制によりもたらされる最先端セキュリティ。 世界の国防や警察、高いセキュリティが求められる機関でも参照される、 各種第三者機関でのテスト結果で長い間最高峰を占めています。

出典:AV-Test, Business Windows Client Trials

 他社製品での利用を含め全世界5億人もの利用者を守るセキュリティエンジン。 新たな脅威に対しては3秒以内に全地域に対応を完了 日々70億もの要求に答えるグローバルセキュリティネットワーク網があなたを保護します。

機能一覧

*1 追加オプションが必要です *2 Elite Securityエディションで提供されます(アプリケーションコントロールはEnterpriseエディションでも提供)

オフィスのマルウェア対策をしなくてはいけないのだが・・・

 従来のソリューションでは、専用のパソコンを用意して管理サーバをインストールしていましたが、 この新しいクラウドサービスでは、クラウド上の管理サーバが既に用意されているので、 ブラウザ1つあればオフィスのパソコンだけではなく、外出先のノートパソコンもまとめて把握できます。

ダッシュボードで簡単把握

 多くの会社、事務所では、アンチマルウェア対策に任命された担当者は、 通常業務とのかけもちが多く十分に関わる時間がもてないのが現状です。 このダッシュボードは考慮すべきことがある場合、それを視覚的に把握するのに役立ちます。

Windows Server、Linux、仮想マシンにも対応

多くのセキュリティ製品では、Windows Server、Linuxで使うには、 サーバー向けの専用製品の使用が強いられたり、高い費用が要求されますが、 この製品では通常のデスクトップと同じライセンス体系でサーバを保護できます。 これによりあるお客様では、マルウェア対策コストが十分の一までに抑えることができています。

MacもLinuxも同様に管理することができます。

導入手順は簡単

 各パソコン、サーバへの導入には、 まず管理コンソールでインストーラを作成することからはじめます①。 ここで必要な機能を選択して、みなさまの会社専用のアンチマルウェアソフトを作成するのです。 そのあとこれをダウンロードできるURLを取得して②、 メール等で通知して③、各パソコンでクリックしてダウンロードしてインストールを行います④

中央スキャンサーバ

 従来のローカルスキャンに加えて、 クラウド上のスキャンエンジンとの併用や、 同ネットワーク上に配置した専用スキャンサーバを利用することで、 エンドポイントへの負荷を最大1/4まで減らすことができます。 これは仮想マシンでの展開で大きなコストパフォーマンスを生み出すことになります。

 世界で最初に仮想環境に対応した製品を発売したBitDefender。 最新のキャッシュテクノロジーと最適化により、 他社製品に比べて圧倒的に高速な動作を実現しています。

 大規模かつセキュアの環境向けにはオンプレミスでの展開も可能です。 管理コンソールやアップデートサーバ、データベースなどを 仮想マシンとして分散配置することで、 お客様の独自の環境に合わせたセキュリティシステムが構築可能です。

エディション別機能

機能 Business Security Advanced Business Security Elite Security Enterprise Security
管理サーバ クラウドorオンプレミス クラウドorオンプレミス クラウドorオンプレミス オンプレミスのみ
中央スキャンサーバ  
サンドボックス      
ハイパーディテクト      
CPUライセンス      
HVI      
機械学習
脆弱性保護
ふるまい監視
サーバOS保護 ライセンス数の30%の台数まで ライセンス数の35%の台数まで ライセンス数の35%の台数まで 個別ライセンス
ディスク暗号化 〇(オプション) 〇(オプション) 〇(オプション) 〇(オプション)
価格(参考値)※ 80,560円 115,800円 185,000円 80,560円
(VDI)

※価格は10エンドポイント3年ライセンス、他社製品からの乗り換え割引きの場合。政府機関等でのご利用、ボリュームでは追加割引き。 また更新時にも割引が適用されます。実際の価格はお見積り時の製品価格、為替等による変動します。 ディスク暗号化は同じ10エンドポイント3年で追加で62,600円。価格はいずれも税別です。 クラウドコンソールやオンプレミスで管理モジュール、中央スキャンサーバ等のご利用は台数無制限で追加費用は発生しません。

 ほとんどのお客様はBusiness Securityが適しており、一番低くエンドポイントあたりのコストが抑えられます。 オフィスに加えて、データセンター、サーバルームに仮想マシンを稼働させていて、中央スキャンサーバで負荷を抑えたいお客様はAdvanced Business Securityが適しています。 高度な攻撃にさられているなどクラウドサンドボックスで脅威の視覚化が求められるお客様はElite Security。 多CPU、多コアのマシン上で大量の仮想マシンを稼働させていて、中央スキャンサーバで負荷を抑えたり、またCPUライセンスでコストを抑えたい方、Citrix XenServer環境で中央スキャンをご希望の方はEnterprise Securityが適しています。

  • 管理サーバは無償でクラウド上のものが利用できます。オンプレミスで利用する場合は提供される仮想マシンを起動する環境が必要ですが、こちらも分散配置時でも無償です。
  • 中央スキャンサーバとは提供されるスキャン専用の仮想マシンを設置して、通常各エンドポイント上で行われるスキャンをまとめて行うものです。各仮想マシンの必要リソース、負荷を大きく低減しますので、データセンターなど仮想環境に最適です。何台配置しても無償です。
  • サンドボックスは、未知のファイルをクラウド上のサンドボックスに送り時間をかけて検査、詳細なレポートを受け取ります。
  • ハイパーディテクトは、通常のマシーンラニングに加えて追加される、調整可能なマシーンラーニング機構です。
  • CPUライセンスは物理/仮想マシンの数に対してではなく、CPUをソケット数に対して課金するもので、多CPU、多コア搭載マシンで大量の仮想マシンを動作させている場合に価格を一定に抑えられるので最適です。
  • HVIは、Citrix XenServerのしくみで動作するもので、各エンドポイントにソフトウェアをインストールすることなく、検査を可能にします。
  • サーバOS保護は、デスクトップとサーバの数を合計して、購入されたライセンス数の指定の割合までのサーバOSにラインセンスを付与するものです。通常のオフィスでのデスクトップ、サーバの使用形態に適してコストパフォーマンスに優れています。Enterprise Securityでは、デスクトップOS、サーバOS別のライセンス購入が必要です。
  • ディスク暗号化は、OSのネイティブ暗号化機能を使ってストレージの暗号化と管理を行うものです。専用のエージェント、コンソールのインストールは不要ですが、本機能を有効にするのに別途追加ライセンスが必要です。

システム要件

最新の要件は試用時に管理コンソールから参照されるインストールガイド20-22ページを参照してください。最新のものはこちらでアップデートされます。

  • Windows 10, Windows 8, 8.1, Windows 7, Windows Vista (SP1), Windows XP (SP3)
  • Mac OS Sierra (10.12.x), OS X El Capitan (10.11.x), OS X Yosemite (10.10.5), OS X Mavericks (10.9.5), OS X Mountain Lion (10.8.5)
  • Windows Embedded 8 Standard, Windows Embedded 8.1 Industry, Windows Embedded Standard 7, Windows Embedded POSReady 7, Windows Embedded Enterprise 7, Windows Embedded POSReady 2009, Windows Embedded Standard 2009, Windows XP Embedded with Service Pack 2, Windows XP Tablet PC Edition
  • Windows Server 2016, Windows Server 2016 Core, Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2, Windows Small Business Server (SBS) 2011, Windows Small Business Server (SBS) 2008, Windows Server 2008 R2, Windows Server 2008, Windows Small Business Server (SBS) 2003, Windows Server 2003 R2, Windows Server 2003 with Service Pack 1, Windows Home Server
  • Linux Operating Systems: Ubuntu 12.04 以降, Red Hat Enterprise Linux / CentOS 6.0以降, SUSE Linux Enterprise Server 11以降, OpenSUSE 11以降, Fedora 16以降, Debian 7以降.

製品の評価について

30日間機能制限なしの試用版をご用意しています。 ぜひご連絡していただき評価してください。 こちらからご指定のメールアドレスに管理コンソールへのログインアカウント情報を送ります。 こちらは30日間フル機能がご利用になれます。

インストールガイド(英語PDF) 簡易インストールガイド(日本語PDF)

①試用期間で製品評価後、 ②30日以降利用される場合にはライセンスキーを購入いただき、 ③それを管理コンソールで登録することで、試用期間の環境をそのまま引きついでご利用になれます

本製品は国内でも最新のセキュリティ製品状態となるオリジナル(英語版)で提供しています。 オンラインヘルプ、マニュアル(PDF)等も英語での提供になります。 あらかじめご了承ください