ライセンスについて
ライセンス数は3からとなります。
いいえ、Windows,Macと同じライセンスキーで両方カバーします。ただし購入ライセンス数の30%(ABSエディション以降では35%)までの数に収める必要があります。例えば10ライセンスの場合、30%の3台までWindows Server, Linuxを含めることができ、残りの7台はWindows, Macに使用できます。(Enterprise Edtionは除く)
ライセンス期限の6カ月前から承ります。①台数、更新年数をメールでご連絡いただければ、②折り返しお見積金額をお伝えします。 ③ご注文指示がありましたら、弊社で更新手続き、お客様アカウントにサーバ反映されたことを確認後、請求書(PDF)を送る流れとなります。 すべてメールで完結いたします。
はい可能です。運用開始後、任意のタイミングで任意の数(1から)可能です。お使いのライセンスのエンドポイント数を増やす形になります。 ①追加数をメールでご連絡いただければ、②折り返しお見積金額をお伝えします。金額は残り期間(月数換算)に応じて異なります。つまり同じ追加台数でも、残り6か月と3カ月の場合では、3カ月の場合の方が安くなります。③ご注文指示がありましたら、弊社で追加手続き、お客様アカウントにサーバ反映されたことを確認後、請求書(PDF)を送る流れとなります。 すべてメールで完結いたします
はい可能です。インストールしている環境はそのままに移行できます。移行が完了すると上位エディションに応じた機能メニューが管理者が使用する管理コンソールに表示されます。 またエンドポイントに対しては、マシン一覧画面からReconfigure Clientで利用可能になった機能モジュールのインストールが可能です。
はい必要ですが、既存のライセンスに追加(Add-on)する形となります。
サポートについて
製品管理コンソール右上、Help&SupportよりBitDefender社サポートにお問い合わせください。または本サイト右上「お問い合わせ」より弊社にご連絡ください。
本製品はクラウドSaaS型で提供されており、世界各国で発見された不具合はすみやかに対処、その修正はすべての国のお客様に適用されます。 このためほとんどのお客様では問題を認識することなく日々利用されています。 大きな問題、機能拡張等は数か月に一回のメンテナンスを伴うアップデートでクラウドで行われ、全てのお客様に順次反映されます。
提出フォームからファイルを送信してください。その際、CategoryはFalse Positiveを、Sample TypeはFileを選択してください。 検査状況はフォームで入力したメールアドレスに通知されます。確認とれたものは安全なファイルとしてウィルス定義に登録されます。
ポリシー
設定をしない場合は製品のDefault Policyが適用されます。任意に作成したポリシーをデフォルトにするには、 Policies(ポリシー一覧)で設定したいポリシーを右クリックして「Set as default」で指定してください。
Polices>Assignment Ruleでルールを設定できます。例えばネットワークAにいる場合にはポリシーAを、ゲートウェイやDNSサーバのアドレスに応じてポリシーB,Cを、 有線、無線の場合にはそれぞれのポリシーをなど指定できます。ルールに該当しない場合にはデフォルトのポリシーが適用されます。 またマシン一覧から任意のポリシーを手動で設定することも可能です。
ファイアウォール
 基本構造として、用意されている4つのプロファイル(Trusted, Home/Office, Public, Untrusted)を、マシンがあるネットワークや接続方法に応じて切り替えて適用することで、セキュリティと柔軟性のバランスをとっています。
 デフォルトではFirewall>Settings>adaptors(接続方法)のみが設定されており、Wired(有線LAN)接続のマシンに対してはHome/Officeプロファイルが設定されています。 これはローカルネットワーク内での通信は、信頼できる環境としてすべて許可することを意味します。 またWireless(無線)接続のマシンに対しては、Publicプロファイルが設定されており、全ての通信に対してフィルターをかけることを意味します。
 カスタマイズ例として、例えば無線Wi-Fi接続マシンであっても社内では有線接続同様にHome/Officeプロファイルを適用したい場合には、 Adaptorsの上にあるNetworksでネットワークアドレスを指定、Home/Officeプロファイルを指定することで、 そのネットワークに接続している場合は、adaptors(接続方法)の指定に優先して適用されます。 そしてそれ以外のネットワーク(公共Wi-FIなど)では、Networksに該当するものがないので、AdaptorsのWirelessの指定プロファイルが適用されます。
デフォルトではFirewall>Rulesの6. Network PrintingがDeny(不可)となっています。このPermissionをAllowにして許可してください。 これは別のローカルエリアネットワークにあるプリンターへのアクセスを規定するものです。
Firewall>Rulesの7. Windows Explorer Traffice on FTPのPermissionをDenyからAllowにしてください。
管理コンソール
コンソールログイン後、右上にあるプルダウンをクリック、MyCompanyを選択して表示されるページ中のLicenseで確認できます。
Report機能で、TypeをEndpoint Protection Statusを選択してGenerateを実行します。画面下部のExport>Export Details in csvで、Excelに取り込めるCSV形式で保存できます。
Networkで任意のWindowsマシン上で右クリック、「Network Discovery」タスクを実行します。 しばらくするとそのマシンで取得した情報が反映されます。アイコンにBがついていないマシンはGravityZoneエージェントが未インストールであることを意味します。 このネットワーク探査で使われている技術は「Microsoft Computer Browser service」と「NBTscan」です。  詳しくはインストールガイドの「How Network Discovery Works」をご覧ください。
PolicyでAntimalware->On-Demand->スキャン種類を選択->Recurrenceで繰り返しスケジュールを設定して、Networkからマシンに適用(Apply)します。
ReportでTypeにOn-dmand scanningを選択->Reporting Intervalで繰り返し指定をして、 Send by email to->Attach Files->Details as csv で定期的にメールアドレスに送ることで、マシン名や最後にスキャンした日時が添付ファイルで残ります。
エージェントBEST(BitDefender Endpoint Security Tools)について
個人向け製品でできるようにユーザが勝手に止めたり、設定変更を行うことは企業内でのセキュリティホール出現につながります。 各種規定の順守を維持するために、サーバでの管理者によるポリシー変更を通してのみ設定変更が可能となります。 ただPower Userモードを許可しているWindowsのエンドポイントでは、例えば開発環境では、パスワード入力により任意に変更できる設定画面が表示されます。
セキュリティサーバー(SVA)
通常自動で利用可能なセキュリティサーバの中から選択されますが、明示的に指定する場合は、適用しているポリシーのAntimalware>Security Serversでプルダウンより導入済のSecurity Serverを選んでAddして保存、エンドポイントに適用してください。 複数Security Serverを導入していて、複数Addしている場合は、エンドポイントは上のものから優先して接続を試みます。 設定が完了したエンドポイントが実際に利用しているかどうかは、マシン一覧からマシンクリック、Protectionタブにて実際に接続しているSecurity Servverの詳細が確認できます。
 Scan ModeがAutomaticになっている場合には、Fallbackとして仮想マシンではハイブリッドエンジン(クラウドエンジン+ローカルLightエンジン)が、 物理マシンでは通常はローカルのFULLエンジンが使用されますが、CPUが1.5GHz以下などのマシンスペックでは、ハイブリッドエンジンが使用されます。
 なお通常はAutomaticが推奨ですが、パッケージ作成の際、またはReconfigure clientの以下の設定画面でカスタム設定をすることも可能です。
仮想マシンアプライアンスの形で提供されますが、ホスト上でHDD8GB、RAM2GB、vCPU2を割り当てた場合50台まで、CPU割当を増やすことでさらに増やすことができますが、 通信トラフィックを最小限にするという視点から、ゲストマシンが仮想マシンであれば同じ物理マシン上で稼働させることが望ましいです(下図を参照)。 Advanced Business Securityエディション以降であれば、何台導入しても無償です。  詳細はインストールガイド の「2.2.2. Security Server Requirements」項をご確認ください。
Linux
以下のツールを実行して削除してください。
cd /opt/BitDefender/bin
#./remove-sve-client。
ポリシーのAntimalware>On-Access>Settings>Advancedで設定できます。デフォルトでは/home, /bin, /sbin, /usr, /etcが対象となっています。 またOn-Access for Linux のチェックを外すとリアルタイムスキャンは停止します。 この場合はオンデマンドまたはスケジュールによって任意の時間でスキャンを実行してください。
基本的には公式サポートが終わったバージョンには対応していません。 最新の情報はインストールガイドにて逐次更新されていますので、ガイド中の「Linux Operating Systems」のリストをご確認ください。
可能ですが、Debian8は標準ではFanotifyが有効になっていないため、それを有効にする必要があります。 詳しくはインストールガイドのDebian 8項、 またはオンラインリソース「Bitdefender Endpoint Security Tools Compatibility with Debian 8」をご覧ください。